ゆく寅くるウサ


やあ!年末はどうすごしてるのかな?
こっちは暴風雪警報とか出て、まじで南国か?と疑ってかかってるところ。

さて、1年間がんばってみるよ!とはじめたこのブログ。
いよいよ今日で終わり。
息切れしながらの更新だったけど、
楽しみにしてるって言ってくれる人もいて、本当にうれしかったぜ。

明日からオレは、12年に1度の主役の干支仕事を終えて、
来年から裏方に回る。
裏方に回ってなにするかって、それはもちろん来年の主役、
「うさぎちゃん」のサポートをするのさ。
オレが今年そうしてもらったようにね。
干支の順番が競争で決まったって話があるけど、
実際はオレ達はいつだって運命共同体なのさ。

というわけで一旦ブログはおしまいだけど、遊びたがりのオレだから、
会いたい人は大家さんに連絡してくれれば会えるし、
気が向いたらツイートしたりするかもよ。
それもきまぐれなオレらしいか。

それじゃあみんな良いお年を!
来年のうさぎちゃんもよろしく。



ガタンゴトン肥薩線の旅-04(おまけ)


03のつづき


肥薩線をエンジョイしたオレ達は、疲れもあっていごこちの良いホテルでぐっすり眠った。
次の日は大家さんの親御さんのリクエスト、島津のお殿様のお屋敷、仙厳園へ。

菊祭り
前日まで菊祭りをやってたんだって。

菊とオレ
菊とオレ。


誰だっ!安らかに…とか言ってるヤツ!



仙厳園からの桜島
仙厳園からの桜島。
モクモクと煙があがっててカッコイイ!


千尋岩
庭を見てたら裏山(?)にでっかい岩を発見。
何か字が書いてあるよ。

千尋岩説明
千尋岩(せんじんがん)って言うんだって。
ものすごくでかくて、誰があそこに上げたんだろうと思ってたけど、
あそこにあった岩に字を書いたんだな。
どっちにしてもすごいな。



錫門説明
薩摩藩は錫が特産品だったんだって。
そういえば、お土産屋に錫のタンブラーとか売ってあったな。
錫のタンブラーでビール飲むと味がまろやかになって美味いんだよな。
第3のビールだってまろやかになるもんな。

そんなスバラシイ錫に敬意を表して。

錫門と寅さん

錫門とオレ!
錫門でっかいなあ。かっこいいなあ。

大河で撮影された門
調子に乗ってもう一枚。
この門は名前忘れちゃったけど、大河ドラマで撮影に使われた門なんだって。
これも更にでっかいぜ!
オレどーこだ。



仙厳園の滞在時間は実は1時間ちょっと。
帰りの新幹線の時間を設定するときに、ここに行く予定がなかったから。
大家さんあたふたしてた。
電車にも乗り損なったしね。

でも次はゆっくり計画できるね。

新幹線

新幹線に乗って帰るオレ。
初新幹線だったぜ。
新八代で乗り換えて特急に乗るんだけどな。
帰りは行きに比べてたら、当たり前だけどあっという間。
帰りも肥薩線に乗れたらいいのに…。

忙しかったけど、すっごく楽しかった。
いい思い出が出来たよ。


これで肥薩線の旅は終わり。
楽しんでもらえたかな?
上級者はチケットを自分で選んで買うこともできるみたいだけど、
初心者は旅行会社のパックがオススメだぜ。
回し者じゃないけど、今回使ったのは
JR九州旅行の「九州新幹線で行く 鹿児島・指宿の旅」ってやつ。
これは片道肥薩線をチョイスすることができるんだ。
出発地は九州だけどな。

帰ってきてから知ったんだけど、これなんかも参考になるのな。
次回行く機会があったら参考にしようっと。

JR九州・肥薩線の車窓を楽しむ旅 – Wikitravel







ガタンゴトン肥薩線の旅-03


02の続き

いさぶろう君とお別れをしたあとは、はやとの風に乗って鹿児島中央駅までしばしの旅。

はやとの風
うおおお!ブラックボデーがカッコイイ!
はやとの風での旅路は、見た目と同じでしぶかったぜ。


栗野駅には名水百選にも選ばれている丸池ってのがあるんだけど、
停車時間が短くて見に行けなかったよ!残念!
車内からしかみれなかったけど、キレイだった。
車で来る機会があったら是非ゆっくり見てみたいなあ。

次は大隅横川〜。

戦争の傷跡
第二次世界大戦時の鉄砲の弾の痕があるってんで、短い停車時間の間に
写真をパチリ。
思っていたよりでっかくてびっくり!
第二次世界大戦っていったら、オレのじいちゃんも色々大変だったって聞いてる。
あんまり多くは語ってくれないけどな。

嘉例川駅
で、ここが映画の舞台にもなったらしい「嘉例川駅」
とにかく建物が古くて貴重なんだって!
でも古くてキレイにしてある駅ばっかり見てきたので、オレ麻痺してきてる…。

映画の舞台になってたのも知らなかった。
ファンが多いらしく、ここで降りて見学している人も多かったし、
停車時間もちょっとだけ長かったかな。


しばらくのどかな風景が続いてた。
すごくゆったりとした時間をすごした。

そうか、弁当ポイントはここだったんだな。
大家さんとオレは確信した。
今度はここら辺でお昼の時間なるような計画を立てよう。

肥薩線は隼人駅で終わり。
でもそのまま終着駅の鹿児島中央駅まではやとの風は走る。

のどかな風景からトンネルに入った。
ちょっと長いなあ〜と思っていたら…

桜島
桜島が!
トンネルを抜けてのこの風景、感動したぜ!
さっきまで山野原って感じだったのに、急に海!火山!
そう思っていたら「竜ヶ水駅」に到着。
ここは運が良かったらイルカに会えるんだってよ!
オレ達がいたときは残念ながら会えなかったけどな。

それにしても桜島ってのはすんごい迫力あるのな。
海の上にものすごいでっかい火山があるなんて、すごい風景だよな。
オレ感動したよ。

程なくして鹿児島中央駅に到着。
楽しかった肥薩線の旅は終わり。

ビール
黒豚しゃぶしゃぶでビール。うまー。
しゃぶしゃぶの写真がないのは、写真撮る前に食べちゃったから。
オレの満足げな顔で味を想像してね。

おやすみ
ではおやすみべいべー。

04(おまけ)へつづく



クリスマスおめでとう


ガタンゴトン肥薩線の旅は後ほどね。

年末はとっても忙しいんだけど、これはやっとかなきゃ!
と楽しみにしていたクリスマス。
ところが、なんと大家さん風邪っぴき!
タイミング悪いよ〜〜。

楽のケーキ!
でもケーキは用意してあった。

チョコ生ケーキ
オレもいただきまーす。


しかし風邪っぴき大家さん、クスリ飲んでうとうとしてばっかりなんだ。
「寅さん、遊びたかったら遊びに行ってもいいよー…ズビビ」

と、許可をいただきましたので。









寅サンタ
どーもどーも、トラサンタでーす。







部長サン
部長サンタでーす。










散々サンターズ
散々サンターズでーす!(ビシィ)




営業部長とクリスマスの街へ繰り出したのさ。
また飲んだくれたのかって?ノンノンノン。
クリスマスのオレ達はひと味違うぜ。

花見の時にオレを拉致しようとしたネコちゃんを呼びだし、
背中に乗ったオレ達。

まずはクリスマスイブに腰を痛めてしまった某かわいこちゃんのお家に侵入し、
寝ているあの娘の腰に、じいちゃんの秘薬、
タイガーバームを塗ってあげたのさ。

他に年賀状がまだできてないと嘆いていた読者の方々のお家に
こっそりおじゃまして、宛名書きをこっそり手伝ったり、

年末なのに仕事が終わらなくてうんざりしている読者の方々には、
寝ている間に肩にタイガーバームを塗ったり、

枕元で幸せの踊りを踊ったりしてきたよ!(バターになるかと思った)

そして帰宅してからは、
鼻づまりでズビズビになって寝ている大家さんの鼻の下に
タイガーバームを塗ってあげたのさ。

外のあまりの寒さに、部長は冬眠寸前だったけど、
一仕事やりおえた後は気持ちよかったな。
オレ達の愛、みんなにも届いたかな?

大家さんは朝一番「アレ?!痛い!何?!」って言ってたけど。



ガタンゴトン肥薩線の旅-02


01の続き。

いさぶろう号に乗って、弁当を食べる大家さん。

いさぶろう号は「山線」の別名の通り、山をぐいぐい登っていく路線が売りだ。
出発すると間もなく電車がうぃんうぃん頑張っているのがわかった。
結構な坂を上っているらしい。

景色を眺めながらのんびりとお弁当を…と思っていた大家さんだったけど、
それはとてつもなくハードスケジュールだという事を思い知る。

「大畑駅」への到着だ。

ここで5分ほど停車。
そりゃあ、外に出るよね…。

スイッチバック
この写真はね、ただの切り替えじゃないんだよ。
肥薩線の「いさぶろう・しんぺい号」といえば、スイッチバックとループ線。
この左のレールを今し方通ってきたんだけど、
次に出発するときは、ここをバックするんだ。
そして右に見える線に切り替えてまた登っていくんだぜ。

という風景。

大はしゃぎのおおやさんと大家さんのご家族。

そしてループ線に入って間もなく「左手に先ほどの大畑駅が見えます」とのアナウンスが。

大畑駅
さっきまでいた駅が眼下にあるよ!
す、すごい。電車からの風景とは思えない。
大家さんは箸を持ったままぐいぐい見とれている。

車窓とオレ

とにかく風景がすごくて、明らかに名物弁当に集中できていない大家さんとその一家。
観光列車で名物弁当って絵に描いたような観光だけど、
けっこうハード。
ならどこで弁当食うんだって話し。
「次回の課題だな」と大家さん。
まだ旅終わってないのにもう反省。

途中でガイドのお姉さんが、日付プレートと駅員帽子を持って
「記念撮影いかがですか〜」って回ってきたよ。
電車大好きなお子さまなんか大喜びだね。
大家さんもノリノリでかぶって写真撮ってもらってたけどな。

そして休む間もなく、山線名物の「矢岳越え」
ここは電車をいちばん良い景色で止めてくれるサービスぶり。
この日は曇りだったんだけど、嬉しいことにここでちょっとだけ薄日が差して、なんとも感動的な景色だったな。

矢岳越え
なんとこの霧島連山を望む景色は、日本三大車窓の一つなんだって!
オレ、全然知らなかったよ。
この日は珍しく遠くにうっすら桜島まで見えたんだぜ。
なんにも知らないオレにこんなラッキー、ありがとう、旅行の神様。

矢岳越えの後はなんと宮崎県に突入。
肥薩線は熊本→宮崎→鹿児島と3県もまたぐ路線なんだ。
なぜだか得した気分。

真幸駅
宮崎県えびの市にある真幸駅。
名前の縁起良さから大人気だ。
ここはさっきの大畑と同じスイッチバック駅なんだけど、
スイッチバックしてから到着するんだ。
だから最初今から到着する駅を見下ろす状態になるんだけど、
えびの市のボランティアでおみやげ販売に来てる人達が駅で大勢待ってて、
手を振ってくれるの。
なんかあったけーよなー。そういうの。

いさぶろうくん
真幸駅にて、いさぶろうくんをパチリ。
オレ、男はあまり誉めないんだけどさ、山の中にたたずむいさぶろうくんは
ちょっとかっこよかったな。

この駅には、幸せの鐘っていうのがあって、停車から出発まで
ひっきりなしに鐘の音がしてた。
みんな幸せになりたいんだな。ま、オレもだけどな。

真幸駅を過ぎたら、吉松駅。
吉松駅に着くまで、今までと風景の流れるスピードが全然違うことに気づいた。
そうだ!登ったからには降りるんだよな!

尋常じゃない高速ガタンゴトンに、思わずヘッドバンキングする所だったぜ。
しないけどな。

そして吉松駅到着。
いさぶろうくんとはここでお別れ。
たのしい思い出をありがとう。
お前かっこよかった。いつまでも元気で走っててくれよな。

03へつづく。



ガタンゴトン肥薩線の旅-01


お久しぶり!みんな元気してた?

オレは11月末に鹿児島へちょいと旅に行ってきたぜ。
大家さんの親御さんのリクエストで、肥薩線の旅に行くことになり、
オレも同行させてもらったというわけ。

この旅行は大家さんが旅行会社に申し込んでたけど、
なんせ旅行なんてほとんどいかない大家さん。
目的の肥薩線に乗るためのツアーを見つけるまでもたもたと何ヶ月もかかっていた。
おまけに申し込みが完了するとへとへとで、
鹿児島市内で宿泊してどこでごはんを食べるのか、
どこを観光するのかも決めてない。
だいじょうぶかな…。

大牟田からリレーつばめに乗り、熊本で九州横断鉄道に乗り換え。

肥薩線とは川線山線とあって、この九州横断鉄道は球磨川沿いを走るので、
川線。ってwikipediaに書いてあった。

肥薩線 – Wikipedia

九州横断鉄道

肥薩線には川線と山線と呼ばれるものがあるんだって。
この九州横断鉄道は球磨川沿いをずずずいーっと走って、球磨川の景色を楽しむ「川線」。

寅さん網にかかる
お、大家さん…こんな所に入れられたらせっかくの景色が…。

川沿いをずーっと走っていく電車なんか乗ったことがなかったから、
もうテンション上がりまくりだったぜ。
写真撮りたかったけど、窓側じゃなかったからというかほとんど網の中に入ってたから撮れなかったけどな。

さて、川線を楽しんだ後はこの旅行のメインイベント「山線」こと
いさぶろう号へ乗り換え。

いさぶろう号と寅さん
観光列車 いさぶろう号の看板 とオレ

いさぶろう号
真っ赤なボディがいかすぜ!

と、写真を普通に撮ってるが、写真撮るのも大変。
コンパクトカメラをかまえたお姉さんから
バズーカみたいなデジタル一眼をかまえた兄ちゃんまでわんさか。
いさぶろうくん、おまえ人気もんなんだな。

人吉駅には名物の駅弁と、駅弁売りのおじちゃんがいて、
そのおじちゃんも大人気だった。
オレちょっと嫉妬した。

くりめし
木の実大好きな大家さんが買ったくりめし。
大家さん!オレが写真撮る前に海老食べちゃだめだよ!

なんでこんなに大家さんががっついているかというと、
九州横断鉄道にのって球磨川沿いでテンション上がりすぎて、
お昼ゴハンが遅くなってしまったから。
もう、これだから旅慣れしてない人は困るよ…。

ところが、この人吉で買ったお弁当に大家さんはこの後翻弄されることになるのであった。なんてよ。

02へつづく



Halloween!!


オレのかわいこちゃん達!
お待たせしてゴメンネ☆

ハロウィンパーティーにお呼ばれした時の写真をアップするぜ。


会場は都心のマンションの一室。


オレ達の到着を待っていたかぼちゃ帽子くん。


パーティーの主催で部屋のオーナーのファントム兄さん。
満面の笑み。


そして麗しのウサギ帽姉さん!


ウサギ帽姉さんが撮影した大家さん。

大家さん。
とうとう決心してくれたか。
本当の姿は鬼であることのカミングアウトを。


あ!大家さん、水は、水攻めはやめて…縮む…。



おいしい食事と美味しいお菓子で満足だったよ。



Mt.abura


滝とオレ
今日は福岡市内にある「油山」っていうとこにピクニックに行ったよ。

ここは昔から椿の木が多くて、椿油を生産していたから、油山っていうらしい。

椿油は最高級の油で、日本では昔から髪の毛や肌のケアに使われてきたらしいけど、オレにとっての最高の油はやっぱりタイガーバームかな。

大家さんの作ってくれたお弁当を食べて、山登りに興じるオレ。

途中クリスマスの丸い飾りみたいなのが沢山あったから、アレは何だろうって聞いたら、それが椿の実だったんだ。

丸くてつるっとしてて、すごいかわいいのな。
そこは椿の森っていう名前だった。

椿の森を抜けてどんどんあるいていくと沢があった。
大家さんに「滝行していく?」と軽く進められる。

白装束も用意していなかったので、とっても残念だったけど、お断りしたよ。
写真は記念に。

そのあと油山牧場に行って、ソフトクリームを食べたよ。

アイスクリームみたいな味のするソフトクリームだった。
初めての油山はとっても楽しかったよ。



怒られた><



今日は8月31日。ああ、夏ってあっという間だね…。

今日、クーラーの効いた部屋でゴロゴロしていたら、大家さんにめちゃくちゃおこられた。

「寅さん!あんた夏の間一回もブログ更新してないじゃん(゚Д゚)クワッ」

まって、大家さん、悪気はなかったんだ。
夏はかわいこちゃんを相手するんで忙しかったって言い訳するオレに、
なんのためらいもなくアルゼンチンをキメる大家さん。

オレは薄れゆく意識の中で猛省した。
そうだよね、だってこのブログ、大家さんが設置してくれたんだもんね。ごめんねおおやさ…ガクッ。

冷水をぶっかけられて意識が戻ったので日記を書いてます。 

みなさんお久しぶりです。

お詫びの記事を投稿しようとしてたら

「それだけか?!もっと書け!夏休みの日記のように!フシャー」

と大家さんが吠え…おっしゃるので、過去日記をアップしました。
いかがでしたでしょうか?

いつもと言葉遣いが違うのは、「今日は謝罪の意を表して敬語を使え」との大家さんの指導が入りましたので、このような感じとなっております。
お楽しみいただければ幸いです。
先ほどケロ山営業部長から飲みの誘いメールが入りました。

←この人です。

が、しかし、目の前でケータイをバキバキにされました。
レスポンスのないワタクシを心配してのこのこやってきた部長は今
大家さんの手にかかり、モズのはやにえのようにされています。ああ…。



少年時代


今日は朝から大家さんにたたきおこされた。

かんべんしてよ。昨日はケロ山営業部長とビールを350mlも飲んでちょっと二日酔いなのに…。

身長15cmに350mlはきついんだ。

で、大家さんにたたきおこされた訳だが…。

寅さん 二日酔い

寅さん 虫取り
なぜ虫取り…。

そう、オレ、残暑見舞いのためにかり出されたって訳。

だからさ、大家さん、オレ6月に36になったのよ。

でもできあがったハガキをみたら悪い気はしなかったな。

残暑お見舞い申し上げます。